安全活動このページを印刷する

2017年度 RC活動方針

2017年04月01日

2017年度 安全衛生スローガン

 

anzen2017.jpg

 

基本方針
  1.安全・保安文化の深化活動を通じて無事故・無災害を達成し、安定操業を確保する。
  2.安全・保安・環境に関する法令や、社内の規程・基準類を遵守し、従業員と地域・
    社会の安全を確保する。
  3.安全・保安・環境に関するリスクを摘出・評価し、リスクの低減活動を計画的に推進する。
  4.事業活動を通じて廃棄物の適切な処理を行い、環境負荷の低減に取り組む。
  5.心と身体の健康と快適な職場環境づくりを推進する。
  6.地域・協力会社・関係会社とのコミュニケーションの充実を図る。

 

  これらの活動を通じて「安全を全てに優先させる」文化を定着・深化させる。

 

Ⅰ.目 標

  1.重大保安事故(地域に広報を要した保安トラブル) ・・・ゼロ
  2.災害(休業災害・不休業災害・通勤災害・業務上交通事故) ・・・ゼロ
  3.法令違反・コンプライアンス問題 ・・・ゼロ
  4.私傷病休業率 ・・・0.6以下
  5.重大環境トラブル(地域・行政に広報を要した環境トラブル) ・・・ゼロ
  6.重大品質問題 ・・・ゼロ

 

sdgs.png

 Ⅱ.具体的実施項目

  1.安全衛生
    スローガン 『 見逃すな 潜む危険と緩んだ心 相互注意でゼロ災職場 』

    (1)安全文化深化活動の推進
    (2)リスクマネジメントの推進
    (3)ひとりひとりの危険感受性の向上による事故・災害の防止
    (4)基本遵守の徹底によるRC活動目標の達成
    (5)心と身体の健康増進と快適な職場づくりの推進

  2.保安防災
    
(1)RC教育の計画的推進と法令遵守の徹底
    (2)自主保安管理の推進
    (3)事故・災害リスクの低減活動によるリスクの抽出と対策の推進
    (4)保安・防災情報の有効活用による類似事故の防止
    (5)大規模災害準備対策の推進

  3.化学品・製品安全、品質保証
    
(1)化学品法規制動向の把握と的確・迅速な対応
    (2)お客様や業務委託元の要求変化への適切な対応
    (3)化学品リスクアセスメントの推進
    (4)WDS情報の整備・充実

  4.環境管理
    
(1)法規制等への的確な対応と新規環境規制動向への積極的な対応
    (2)環境マネジメントシステムの運用による環境管理の推進
    (3)環境負荷の低減と無駄の削減

ページトップへ戻る

シェイクアウトえひめに参加しました

2016年12月19日

12月19日(月)、南海トラフ地震を想定し、一斉に身を守る行動をとる

愛媛県主催の防災訓練「シェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)」

に参加しました。

 

訓練放送の合図に合わせて、従業員が一斉に机の下に隠れて頭を守るなどの

安全確保を行いました。

 

syakeout2016.jpg

ページトップへ戻る

2016年度 RC活動方針

2016年04月01日

2016年度 安全衛生スローガン

anzen2016.jpg

 

[基本方針]
  1.安全・保安文化の深化活動を通じて無事故・無災害を達成し、安定操業を確保する。
  2.安全・保安・環境に関する法令や、社内の規程・基準類を遵守し、従業員と地域・
    社会の安全を確保する。
  3.安全・保安・環境に関するリスクを評価し、リスクの低減活動を計画的に推進する。
  4.事業活動を通じて廃棄物の適切な処理を行い、環境負荷の低減に取り組む。
  5.心と身体の健康と快適な職場環境づくりを推進する。
  6.地域・協力会社・関係会社とのコミュニケーションの充実を図る。

  これらの活動を通じて「安全を全てに優先させる」文化を定着・深化させる。

 

[目 標]
  1.保安事故 ・・・ゼロ
  2.災害(休業災害・不休業災害・通勤災害・業務上交通事故) ・・・ゼロ
  3.法令違反 ・・・ゼロ
  4.コンプライアンス問題 ・・・ゼロ
  5.私傷病休業率 ・・・0.6以下
  6.重大環境トラブル(地域・行政に広報を要した環境トラブル) ・・・ゼロ
  7.重大品質問題 ・・・ゼロ

 

[取組み内容]

  安全衛生
    (1)安全文化深化活動の推進
    (2)リスクマネジメントの推進
    (3)ひとりひとりの危険感受性の向上による事故・災害の防止
    (4)基本遵守の徹底によるRC活動目標の達成
    (5)心と身体の健康増進と快適な職場づくりの推進

  保安防災
    
(1)法令教育の計画的推進と法令遵守の徹底
    (2)自主保安管理の推進
    (3)事故・災害リスクの低減活動によるリスクの抽出と対策の推進
    (4)保安・防災情報の有効活用による類似事故の防止
    (5)大規模災害準備対策の推進

  化学品・製品安全、品質保証
    
(1)化学品法規制動向の把握と的確・迅速な対応
    (2)お客様や業務委託元の要求変化への適切な対応
    (3)化学品リスクアセスメントの推進
    (4)化学品・廃棄物管理システムの整備・運用

  環境管理
    
(1)環境法令や社内基準類の遵守
    (2)環境マネジメントシステムの運用による環境管理の推進
    (3)環境負荷の低減と無駄の削減

ページトップへ戻る

2015年度 RC活動方針

2015年04月01日

2015年度 安全衛生スローガンanzen2015.jpg

[基本方針]

  1.安全・保安文化の深化活動を通じて無事故・無災害を達成し、安定操業を確保する。

  2.安全・保安・環境に関する法令や、社内の規程・基準類を遵守し、従業員と地域・

    社会の安全を確保する。

  3.安全・保安・環境に関するリスクを評価し、リスクの低減活動を計画的に推進する。

  4.事業活動を通じて廃棄物の適切な処理を行い、環境負荷の低減に取り組む。

  5.心と身体の健康と快適な職場環境づくりを推進する。

  6.地域・協力会社・関係会社とのコミュニケーションの充実を図る。

 

  これらの活動を通じて「安全をすべてに優先させる」文化を定着・深化させる。

 

[目 標]

  1.保安事故 ・・・ゼロ

  2.災害(休業災害・不休業災害・通勤災害・業務上交通事故) ・・・ゼロ

  3.法令遵守違反 ・・・ゼロ

  4.私傷病休業率 ・・・0.6以下

  5.重大環境トラブル(地域・行政に広報を要した環境トラブル) ・・・ゼロ

 

[取組み内容]

安全衛生

  (1)安全文化深化活動の推進

  (2)リスクマネジメントの推進

  (3)ひとりひとりの危険感受性の向上による事故・災害の防止

  (4)基本遵守の徹底によるRC活動目標の達成

  (5)心と身体の健康増進と快適な職場づくりの推進

 

保安・防災

  (1)法令教育の計画的推進と法令遵守の徹底

  (2)自主保安管理の推進

  (3)事故・災害リスク低減活動によるリスクの抽出と対策の推進

  (4)保安・防災情報の有効活用による類似事故の防止

  (5)大規模災害準備対策の推進

 

化学品・製品安全・品質保証

  (1)化学品法規制動向の把握と的確・迅速な対応

  (2)お客様や業務委託元の要求変化への適切な対応

  (3)化学品リスクアセスメントの推進

  (4)化学品・廃棄物管理システムの整備・運用

 

環境管理

  (1)環境法令や社内基準類の遵守

  (2)環境マネジメントシステムの運用による環境管理の推進

  (3)環境負荷の低減と無駄の削減

ページトップへ戻る

2014年度 RC活動方針

2014年04月01日

2014年度 安全衛生スローガン

anzen2014.jpg

 

基本方針
「イージーエス企業行動憲章」「イージーエス企業行動要領」に基づき、企業の社会的責任(CSR)を果たすことにより社会からの信頼を高め、持続発展可能な事業運営に資するため、『安全をすべてに優先させる』の基本理念をもとに事業活動の基盤である無事故・無災害による安定操業を確保し、環境保全、化学品のリスク管理や社会とのコミュニケーションなど積極的なレスポンシブル・ケア活動(RC活動)を推進する。

 

Ⅰ.方 針
   1.安全文化の深化により無事故・無災害を達成し、安定操業を確保する。
   2.RC関連リスクの減災対策を実施する。
   3.事業活動に伴う環境負荷の評価及び低減を行い、環境の保護に努める。
   4.環境関連法令・規制に的確な対応・対策を行なう。
   5.協力会社・地域とのコミュニケーションを充実する。

 

Ⅱ.目 標
   重大な事故・災害・環境トラブルゼロ

 

Ⅲ.具体的実施項目
   1.安全衛生
     (1)労働災害「ゼロ」を達成、維持する体質化へ向けた「安全文化の深化」
     (2)リスクマネジメントの推進
     (3)人的要因に起因するトラブル防止対策の推進
     (4)交通安全の徹底
     (5)協力会社の安全衛生管理・活動への積極的な指導
     (6)心と身体の健康と快適な職場づくりの推進

   2.保安防災
     (1)大規模災害発生時の対策の計画的実施
     (2)自主保安管理の推進と安全文化の深化
     (3)社・部門の組織力の向上

   3.環境保全
     (1)ISO14001の効率的活用
     (2)環境関連法令等の遵守と評価
     (3)省エネルギーの推進

   4.化学品安全
     (1)化学品安全管理システム・情報管理体制の整備
     (2)化学品安全教育による、意識の向上と取扱いの徹底
     (3)化学物質等の暴露防止対策の推進

   5.共 通
     (1)地域・関係会社とのコミュニケーションの充実
     (2)住友化学RC監査の受審
     (3)コンプライアンスの徹底

ページトップへ戻る

イージーエスの活動

  • お問い合わせ

ページトップへ戻る