サービス事業このページを印刷する

教育事業

イージーエスでは住友化学㈱の委託を受け、住友化学グループ各社を対象に教育を実施しています。

五感で学ぶ 安全体感教育

過去の災害・ヒヤリ・ハットにおける不安全行動・不安全状態を体感し、安全に関する知識・経験の習得ならびに意識向上を図り災害ゼロを目指します。

  • 保護マスクフィットチェック
  • 安全帯宙吊り体感
  • 電気体感(過電流他)
  • 脚立危険体感
  • 感電体感
  • 重量物運搬体感
  • 指差し呼称体感
  • 槽内救出体感
  • 切創体感
  • 挟まれ/巻込まれ体感
  • 安全靴衝撃体感
  • 玉掛け危険体感
  • 触診温度体感
  • 飛来落下衝撃体感
  • 被液/洗顔体感

受講者の感想

  • 挟まれ巻込まれ時の衝撃があれほど強いものだとは思わなかった。今まで何気なくポンプの点検作業を行っていたが、恐ろしくなった。今後は慎重に作業をしようと思う。
  • 安全帯宙吊り時の痛みを体感し、保護具は安全を確保してくれるものではないと感じた。現場では絶対に落ちてはならない。

ページトップへ戻る

「なぜ」を学ぶ技術教育

  • 機械
  • 化学基礎、化学工学
  • 計装
  • 電気

製造実務の理論背景を学び、合理的・体系的に考える能力を身につけます。将来にわたって安全・安定操業を支える人材を育成します。

受講者感想

  • トラブル時に自分で原因と対策を考えるための知識が身についた。今後、職場の実作業を通じて確実なものにしたい。
  • 今までに計装には興味がなかったが、講義を受けて興味が湧いてきた。

ページトップへ戻る

労働安全衛生法で義務付けられた教育

安全管理者選任時研修

新たに安全管理者に選任される場合、職務を的確に遂行する実務能力を担保するために、労働安全衛生法令に基づく一定の教育を受ける必要があります。本研修の受講修了が安全管理者を選任するための必須要件となります。


職長教育

労働安全衛生法第60条で、新たに職務に就く職長、又は作業を直接指揮・監督する方は、安全又は衛生のための教育を受講することが義務付けられています。EGSでは、リスクアセスメントを導入した職長教育の講習会を開催しております。

ページトップへ戻る

レスポンシブルケア教育(安全衛生、化学品安全、保安防災)

「安全をすべてに優先させる」の基本理念のもと事業活動の基盤である無事故・無災害による安全・安定操業を確保し、地球環境保全、化学品のリスクの管理や社会とのコミュニケーションなど積極的なレスポンシブル・ケア活動を推進するための知識(安全衛生・保安防災・環境化学品安全)を学びます。

ページトップへ戻る

入構教育センター 空席情報

住友化学(株)愛媛工場 入構教育センターの空席情報はこちらからご確認をお願いします。

入構教育センター 空席情報

ページトップへ戻る